小田原・相模の歴史|神奈川県西の活力ある地域社会を目指すプロジェクトなら神奈川県西みらい夢プロジェクトと共に!!

神奈川県西みらい夢プロジェクト
御意見・お問合せ
人が心豊かに生き生きと幸せに満ちた故郷(ふるさと)を創造する

小田原・相模の歴史

戦国時代の勢力図

■小田原北条氏勢力図 (1495〜1590)

小田原北条氏勢力図拡大表示

1. 伊勢新九郎盛時は1495年、大森氏を滅ぼし駿河興国寺城から小田原城を居城とした。
2. 伊勢氏は関東での主導権を確立する為、鎌倉北条氏の北条氏へ改姓した。
3. 伊勢盛時(早雲)、北条氏綱、氏康、氏政、氏直と小田原北条氏は5代、約100年関東のほとんどを勢力化においた。

明治維新の変遷

明治4年7月〜明治9年11月 県庁所在地は『小田原』であった!
1. 韮山県発足(県庁:韮山)…3年間
  1868(明元.6.29)

2. 韮山県→小田原県…4ヶ月(県庁:小田原)
  1871(明4.7.14〜11.13)


3. 小田原県→足柄県…4.5年間(県庁:小田原)
  1871(明4.11.14)


4. 足柄県→神奈川県
  1876(明9.4.17)

韮山県、小田原県、足柄県

小田原城天守閣

このページの先頭に戻る